野良猫への餌の与え方で、最低限守ってほしいことは、新鮮な猫用の餌を与えること、容器にいれて与えること、容器の回収を含め餌の後始末をすること、そして、置き餌をしないことだ。
よく、深夜に餌をあげて早朝にトレイを回収するから大丈夫だとか、30分後に片づけにくるから置き餌はしていないとかおっしゃる方がおられるのが、たとえ10分でもその場を離れてしまうと立派な置き餌だ。
駐車違反の駐車とは「運転者がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態」だったり、自転車の放置が「利用者等が当該自転車等を離れて直ちに移動することができない状態」のことだったりするのと同じ理屈である。

「じゃあ何かい?アンタは猫が餌を食べている間、ずっとそばで突っ立って見ていろと言うのかい?」と反論される方もいらっしゃるが、その通り。餌を食べにくる猫の様子をちゃんと見て、猫の状態を把握してほしい。1匹1匹の食欲や食べ方などを見守ってあげてほしいのである。それが個体管理であり、餌やりとボランティアの異なる点だ。
特に異常がなく、食べている間が手持ち無沙汰だというのであれば、餌場近くの吸い殻やごみなどを清掃しているとなおよい。そういう姿を見て、文句を言う人は少数派であろう。

置き餌はなぜだめか。実は、マナー違反だとか、苦情がくるからというような表層的な問題のためだけではない。
置き餌がだめな本当の理由は、管理できない猫の存在を許してしまうためである。知らない猫が知らない間に餌を食べに来て、知らない間にそこで繁殖してしまうためだ。そうなると、何のために、適正管理だとか地域猫だとかいって高いお金を出して手術をしているのかわからない。手術は餌やりのための免罪符ではない。

一時的ではあるが、あえて置き餌をする場合もある。どんな場合か。
ねこの実態を把握するために、猫を一定の場所に集中させて管理を始めようとする場合。
近隣で被害が頻発している場合に、いい加減な餌やりをやめてもらい、猫に新しく定めた餌場をしつける場合。

つまり、置き餌は猫を集め、増やすための有効なテクニックなのである。
猫を増やしたければ置き餌をする。
猫を減らしたいのであれば、置き餌をしないで、餌場周辺の猫をきっちりと掌握する。
その違いは意識して理解しておく必要がある。
猫の不妊手術をして、きちんと餌場と猫の個体を管理していると、緩やかに猫の数が減っていく。

【猫だけじゃないケースもあるんだよねぇ】

okiesa004.jpg

ある餌やり場。毎日置き餌がされているが、食べていたのは鳩。

okiesa005.jpg

しかし、猫が完食したと思い込んで、鳩のための置き餌がくりかえされていた。


(おまけ)
ある餌場では、夜間に大量の置き餌が消費されていた。
一体、何匹の猫が餌を食べているのか調べてみると、餌を食べていたのは、近隣に定着するホームレスだったという笑えない話も。


(たぶん続く)


【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】
 
野良猫に餌を与えている人は多い。
どうして野良猫に餌を与えるのか。

猫が可愛いから。
お腹を空かせてかわいそうだから。
ご飯をあげないと死んじゃうから。

猫のことを思ってのことであろうけれど、「猫を管理するために餌を与える」のが猫ボランティアである。
猫を適正に管理する上で、猫に餌を与えることは次のような意味がある。

(1) 猫の匹数の確認
(2) 個体管理(1匹ずつの健康状態等)
(3) 捕獲・避妊去勢手術につなぐ
(4) ごみ漁りの被害を抑制
(5) 身勝手な餌やり行為の抑止

餌を与えないようにすれば、猫がどこかに行ってしまうという人がよくいるが、与えなくなれば猫の姿が見えなくなるだけだ。猫は縄張りからなかなか出ていかない生き物である。そして、ごみを漁ったり、餌場を求めてさらに縄張りを広げるなど被害が拡大する。

実例がある。特段、猫好きでもなんでもなかった人の話であるが、ごみの収集日になると野良猫がカラス除けネットの中にうまく入り込み、ごみの袋を引っ張りだしてごみを漁っていた。すると、そこにカラスがやってきてさらにごみの散乱が広がる、ということを何度も経験していたそうだ。仕方なく、野良猫に餌を与えたら猫がごみ漁りをしなくなり、カラスもこなくなったそうだ。今では、ごみ漁りをしていた猫たちに手術をして、猫の匹数も減っているという。

野良猫による被害をなくそうと思えば、猫に避妊去勢手術をして繁殖を防止しなければならないけれど、餌を与えなければ、猫の数の把握もできないし、捕獲して手術することもできない。1匹1匹の状態の確認もできないのである。
つまり、猫ボランティアは単に猫の空腹を満たすためだけでなく、猫の管理をするために餌を与えている。

また、誰かがきちんと猫に食事を与えなければ、単に猫が可愛そうだというだけで餌を与える人が必ず現れる。特に、地域の反対が強いとそういう人たちは隠れて餌を与えるので、猫の実態把握ができなくなる。

餌は、決まった場所で、できるだけ決まった時間に与えるようにする。容器に入れて餌を与え、食べ終わるまで猫の様子を見守ってほしい。その間に、集まってきた猫の数や健康状態などを把握する。これを「見守り給餌」と呼ぶ。大阪のボランティアさんの命名だ。食べ終わったあとは、もちろんきれいに後始末をする。
猫は、餌をくれる「人」と「場所」と「時間」を記憶する。猫をちきんと躾すれば、給餌の時間は15分くらいで終わってしまう。
未手術の猫がいたら、その時に捕獲する。猫の捕獲をする場合、普段から餌を与えている人がいると格段に捕獲の成功率が高くなる。

野良猫被害を抑制するために餌を与えるなというのは逆で、野良猫を管理するためには、餌を与えて猫の状態を把握しなければならない。猫の状態を把握することによって、避妊去勢手術もできるし、トイレのしつけもできるのだ。

適正な給餌は適正な猫の管理の基本だ。地域の方には、適正な管理のために餌を与えることが不可欠なことであることをわかってほしいし、ボランティアの方には、単に猫の空腹を満たすためではなく、猫を管理するために餌を与えているということを意識してほしい。

(いつか続く)


【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】
 
(「反対派集会」のつづき)

 「反対派集会」では、反対派住民たちが口々に、どれだけ猫の糞害で被害を被っているのか、という発言が、繰り返し、繰り返し続いた。

そして、ボランティアは目立つために、ボランティアとは無関係な猫の被害まで全てボランティアのせいにされてしまう。実際、そのボランティアが活動している区域では全ての猫の避妊去勢手術が終わり、猫の数は半数以下に減っているのに、そこから全く離れた民家の住民が、子猫が増えている、猫の糞があるとそのボランティアに怒りをぶつける。実際は猫の行動半径は狭く、縄張りがあり、都会ではワンブロックも離れると全く違う猫たちの縄張りになっていることが多い。

また、ボランティアが堂々と活動をしていると、ボランティアとは数回くらいしか話をしたことのないような人や全く面識のない人までが、餌やりを注意された際に、〇〇さんのお手伝いをしていますとか、〇〇さんに許可をもらっています、などと言い、勝手にボランティアの名前が使われることも少なくない。この地域でも同様のことが起こっていた。

こういった誤解を解くためには、ボランティアが実績を示す必要がある。ボランティアが活動している区域では、元々何匹の猫がいて、何匹の猫に手術をして、何匹の猫が減ったか。数で示すことが大切だ。そういうときのためにも、猫ボランティアは「猫カルテ」を作るなどして、日ごろから猫の個体識別をし、キチンと猫の数や状態を把握しておく必要がある。そして、自分の活動区域はどこで、どこかの地域の問題となっているような餌やりさんとは無関係であることをきちんと伝えないといけない。

その集会では、ボランティアが世話をしている猫と被害を受けている地域の猫が別であること、乱暴な態度を示す餌やりさんとボランティアが無関係とについて、ある程度理解してもらったように思う。それでも、地域猫には反対という声が収まることはなかった。
もちろん、一度だけの、しかも反対者だけの集会で理解が進むわけはなく、幅広く住民を集めての話合いが何度も必要だと思う。

しかし、何より大きな誤解は、猫の問題をボランティアや行政だけの問題にしてしまうことだ。野良猫問題は、地域の問題として地域住民一人ひとりが取り組みに理解を示し参加すると解決が早い。糞害を解決した大阪市の公園の例でも、周辺住民が自宅のガレージや庭などに野良猫用のトイレを設置するなどして活動に協力した結果、成果が表れたのである。

オブザーバーとして、そういう糞尿被害抑制の取り組みをご紹介したのであるが、「トイレはだれが掃除をするのか」という反論が続いた。同席していた行政職員が、「みなさんが協力して取り組まないとボランティアだけでは手が回りません」とフォローしてくれていた。
「毎日、毎日、庭の芝生に糞をされる。芝生の掃除は大変なんだ」とおっしゃるその手間を、猫トイレの掃除にまわしていただいた方がはるかに楽だと思うのであるが、そういう風に理解していただくのはなかなか難しいものだ。

被害者意識が強く根付いている限り、誰かを加害者にしなければ気が済まない。そして、地域の猫問題の解決に貢献しているはずのボランティアが往々にして加害者に祭り上げられてしまう。だが、野良猫問題の解決の早道は、住民が被害者意識から、地域の問題であるという当事者意識に切り替わってもらうことが一番なのだ。
これは猫だけの問題に限らない。地域の問題に地域で取り組むという参加の意識が、コミュニティの再生であり、街づくりにつながっていく。地域猫とは、そういう街づくりの取り組みである。

(いつか続く)


【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】
 
イベントのお知らせを2つ

1 改正動物愛護法交流集会 (2012.11.18 SUN) 主催:ペット法塾

petlaw01.jpg


今年8月29日の動物愛護法改正を受けて、行政、国民、愛護団体、動物関係者がどのように取り組みを進めるのか。そして、実験動物の次期国会での改正や、産業動物の扱いなどをどのように前進させていくのか。
動物愛護法改正にむけて中心的な取り組みをしてきた、THE ペット法塾が呼びかける交流集会。

開催日時 : 2012.11.18 12:30~16:30
開催地 : ドーンセンター1階、パフォーマンス・スペース
     大阪市中央区大手前1-3-49
参加費:無料 (資料代 2000円)
HP http://thepetlaw.web.fc2.com/

2 公園ねこについて考えるセミナー (2012.12.1 SAT) 主催:大阪市

kouenneko01.jpg

「行政と市民の役割分担」をテーマにパネルディスカッション。主催は、「街ねこ制度」「公園ねこサポーター制度」を実施する大阪市。パネリストは、公認ボランティア制度を有する東京都練馬区、動物愛護基金を実施した兵庫県尼崎市、地域猫による地域コミュニティの活性化に取り組む福岡県福岡市、の各行政担当者と協力ボランティアさん。
国内でもユニークな野良猫対策に取り組んでいる自治体とボランティアが一堂に会するレアなセミナー。

開催日時 : 2012.12.1 14:00~16:00
開催地 : 大阪市立中央会館 1階ホール
     大阪市中央区島之内2-12-31
HP http://www.city.osaka.lg.jp/yutoritomidori/page/0000188029.html



【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】
 
時々、地域猫に関して所々の町会の会合に呼ばれることがある。
助っ人として、ボランティアさんや推進派の役員さんに同行するのが普通のパターン。
ところが、自分ひとり呼ばれ、「餌やりをやめるように説得してもらえないか」と頼まれたりすることがある。

餌やりをやめさせることは難しい。餌やりをやめさせるより、地域で猫を管理することにして、餌やりさんをちゃんとした給餌当番にしてしまった方がいい。もちろん、話にならない、いい加減な餌やりである場合もあるが、少なくとも、地域で猫を管理するという姿勢がなければ、いい加減な餌やりを諦めさせることも出来ない。

そういう話をすると、「一体、誰が猫の手術だとかトイレの躾だとかをするのか」という話になって進まなくなる。主体的に取り組もうとするボランティア抜きで話をしているのだから当然だ。実際、野良猫の世話など、頼まれてやっても続くものではない。それを思うと、少なくとも避妊去勢手術の意識を持ったボランティアがいる地域は、実は恵まれた地域なのだと思う。
意識を持ったボランティアと地域がうまく結びつけばいい。そういうコーディネートをすることが地域猫制度における行政の役割だと思う。

先日、オブザーバー参加したある町会の会合はまた、独特なものだった。その町の自治体には地域猫制度があり、町会長の同意を得てボランティアが活動を始めたのであるが、野良猫の糞尿被害に迷惑を蒙っている住民がこれに反発。町会長の同意を撤回し、ボランティアの活動をやめさせろという、反対派住民による緊急集会だったのである。

地域住民からこのような反発が生じる原因のひとつは、「町会長の同意があれば手術費用を助成します」という中途半端な行政の「地域猫制度」にある。そういう制度では、実際には有志のボランティアだけが町会長のハンコをもらって活動をしていることが多い。本当に地域としての取り組みとはなっていない。
行政の本音は、「町会長の同意を得ているのであるから、後々、トラブルが起こっても地域で解決してほしい」という言い逃れだ。実際に、「トラブルが起きて苦情が入っているから、餌やりをやめてください」と一方的にボランティアに「指導」するような自治体がある。ボランティアにすれば裏切りであろう。

だから、餌やり行為を伴う地域猫の取り組みとTNR活動は切り分けるべきだ。捕獲した野良猫に避妊去勢手術を施して元に戻すという純粋なTNR活動は、野良猫の繁殖を防止することだけが目的で、そのあとの猫のケアは含まれていない。「餌やりは放っといて、まず、猫の繁殖を防止しましょう」というスタンスでTNRを専門に活動しているグループも少なくない。

TNRと餌やり行為を一緒にして、町会長のハンコを「条件」にしてしまうから、ややこしくなる。その分、手術が遅れ、猫の繁殖に追いつけなくなる。
行政が、餌やりを含む猫の世話をあわせての同意を求めるというのであれば、それは地域猫の取り組みであって、行政は本腰をいれて地域の中にはいっていかなければならない。
それなのに、町会長のハンコがあればいいといって、町会長とボランティアに責任を押し付けてしまうと、住民同士の軋轢を生む。そのうち、軋轢をおそれて同意書にハンコを押さない町会長が増えてしまうかもしれない。
そして何より、どうして、町会長のハンコをボランティアがもらってこなければならないのだろう?
取り組みの中心となるのはボランティアだろうし、地域を説得して巻き込んでいくのもボランティアの力量にかかっている部分が大きい。だからむしろ、地域合意の場面では、ボランティアと地域をコーディネートし、地域の取り組みとして町会長のハンコをもらってくるのが行政の仕事なのではないだろうか。

「反対派集会」の話はまだ続きがある。それは次回に。

(そのうち、つづく)


【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】
 
街角の公園で「猫の餌やり禁止」という看板を見ると少々悲しくなる。まずは、猫問題で困っている住民の姿が想像されるが、同時に、禁止看板を立てることしか思い浮かばない公園管理者の発想の貧しさや行政としての総合力の欠如を感じてしまう。

通常、「餌やり禁止看板」は行政のアリバイ作りだ。
餌やりに対する苦情がきました => 公園管理事務所は禁止看板を立てました => おしまい。
あとは、餌やり反対派が餌やりをつかまえ、「餌やり禁止って書いてあるだろう!」と文句をいい、住民同士の不毛なバトルが展開される。行政が進んで関与することはない。禁止看板で問題が深刻化したり潜在化することはあっても、それで問題が根本的に解決したという話は聞かない。禁止看板で問題が解決するならば、とっくの昔に猫問題は解消している。

少し前のこと。ある中核都市の公園課の課長さんとお話をした。公園の「餌やり禁止看板」を外してほしいというボランティアさんの訴えに対して、課長さんは、
「関係法令で公園を汚損することや迷惑行為を禁止している。餌やりは行為は違法であり認められない」
と答えた。これは、多くの意味で間違いだ。

まず、公園の汚損についていえば、餌やり行為そのものは汚損行為にならない。また、都市公園法などの公園関係法令に「迷惑行為」という具体性に欠けたものをひとくくりに禁止する条文は存在しない。そもそも何が迷惑行為なのか曖昧過ぎて、自治体の公園条例でもそんな条文は書きようがない。

法律の条文云々よりも深刻なのは、「餌やり行為=迷惑行為」という、一方的な思い込みだ。そういう思い込みは一般市民にも強く、理解を得るのが適正管理活動や地域猫活動の大きな課題だ。しかし、役人が同じような感覚ではいけない。まして、違法行為だと決めつけるのは大変に問題がある。

課長さんは、ようやく、
「地域が合意して、町会長から依頼があれば餌やり禁止の看板を外すかどうか検討する」
ということを言った。ただし、町会長のハンコだけではだめで住民全員の総意が必要だという。

こういう時は言うべきことを言わないといけない。
地域住民の総意があれば認めるというのであれば、最初から法令による禁止はされていないということを自らお認めになっているんじゃないですか。公園の「餌やり禁止看板」には法的拘束力がなく、任意の協力を求める行政指導でしかない。しかも誤った法解釈による行政指導であって、我々はそんな看板は無視しても差し支えない。そのように理解しても構わないですね?

そこまでいうと、課長さんは、
「猫の糞害で迷惑をしている住民がたくさんおられるんだ!」
と大声で言った。

公園課の課長さんの言い分もわからないことはない。公園を管理する立場からすると、ねこへの給餌行為は苦情の原因となりやすく、段ボール箱の無断設置や糞尿による悪臭、汚損の発生などで公園の維持管理に支障をきたす。公園で餌やりをさせているから、近所の家の庭で猫が糞をするという苦情もくる。そういう苦情を繰り返し受け続けてきた公園管理者にとって、猫の餌やりほど、迷惑極まる行為はないのだ。

だけど、そういう「迷惑な餌やり行為」と今やっている適正管理活動とは中身が全然違う。
ほっておいても、猫の避妊去勢手術をしてくれ、掃除までしてくれるボランティアをどうして行政はうまく使えないのか。
野良猫の適正管理は、清掃活動と同じで公益性を持っている。公園は自由使用が原則であり、公益に反しない限り、公園管理事務所の許可や地域の合意は不要である
もちろん、地域が一緒になって猫を適正に管理する形が理想であり、目指すべき方向ではあるが、その前段階で行政が「餌やり行為そのものが違法」だと言っていたら、地域合意が進むわけがない。

公園管理事務所は、「法に照らして、公園の汚損になるような置き餌は禁止するけれども、個人の餌やり行為そのものは禁止していない。その上で、地域として適正管理活動に取り組むかどうかは、地域の判断である」という立場でないと、地域活動そのものを不当に阻害することになる。公園管理事務所がニュートラルな立場になった上で、住民の合意形成については、地域猫制度を持つ動物管理センターが制度の趣旨に従ってフォローしていく。あるいは、街づくりの担当部署が地域の取り組みをフォローしていく。そういったことが、行政としての総合力の問題である。

結局、その日は課長さんの「お持ち帰り」ということになった。行政をやりこみることが目的ではないので、これからも話し合いを続けていく。

(いつか続く)


【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】