桜が満開となる季節となりました。
冬の厳しい寒さが遠のき、外猫たちにとっては過ごしやすい季節の訪れです。しかし、これからは外猫の出産や飼い猫の出産に伴う遺棄などが起こる可能性が高くなる時期でもあります。ボランティアにとっては安心したのも束の間、悩みの増える季節でもあり、避妊去勢手術の実施や終生飼養についての啓発の必要性を改めて感じさせられる季節です。しかし、ボランティアお一人お一人の献身的なご活動によって、すこしずつ不幸な不幸な猫が減り、人々の心を動かし、共生社会の実現に近づいていくものと信じています。

繁忙の他、諸事情によりブログの更新が滞っていました。申し訳ありません。
これまで、餌やり行為そのものは決してそれ自体が違法ではなく、適正に行うことによって地域の環境の保全につながる公益性のある行為だということを繰り返し述べてきました。「餌を与える行為自体が迷惑行為である」という思い込みを少なくしていくことは、排除から共生へと転換していくためにとても重要なことです。しかし、ボランティアだけが必死に頑張っても、地域住民の共感を広げていくことが出来なければ、過酷な生活を強いられる不幸な猫たちの状況を大きく変えることや共生の意識を醸成していくことはできません。
今回から数回にわたって、実際にどのように地域猫活動を始めたらいいのか、ご一緒に考えたいと思います。

DSCF4277.jpg


【「適正管理」という考え方をしっかりと意識しよう】

以前、「地域猫の発達段階」について述べた。
 
 (レベル1) 餌やり     ⇒ 猫に癒される。猫が可哀そう。猫が可愛い。
 (レベル2) TNR     ⇒ 繁殖防止に有効。
 (レベル3) 適正管理    ⇒ 繁殖防止、餌の後始末、周辺清掃
 (レベル4) 外形的地域猫  ⇒ 地域の了解(町会長のハンコ)
 (レベル5) 共生の街づくり ⇒ 住民自治としての取り組み

めざすべき地域猫活動とは、もちろん、共生の街づくりである。地域猫活動とは街づくりだ。ボランティアだけがカリカリと必死になってやることではない。しかし、現実には多くのボランティアの活動は個人活動であり、グループの活動や地域としての取組みにまで発展しない。

個人的な活動をグループ活動へ、さらに地域の取組みとして発展させるためには、コンセプトを明確にすることが重要である。単に猫好きで餌を与えているのではないとしっかり説明できるものが必要なのだ。
そのコンセプトの基本は、レベル3以上の「適正管理」の考え方である。

適正管理とは、猫に避妊去勢をして、餌を適切に与え、周辺清掃などをしてトラブルを抑制するとともに不幸な猫を減らしていくことである。避妊去勢手術によって繁殖を防止することはもちろん、餌を与えるのもそれによってごみ漁りなどを防止し、避妊去勢手術を容易にし、匹数や1匹1匹の状態を確認するためである。周辺清掃は、糞尿被害の抑制はもちろん、環境美化に努めるためである。

そういうコンセプト(基本的な考え方)をボランティア自身がしっかりと意識し、説明できることが大切だ。決して後ろめたい活動をしているのではない、公益に叶う活動をしているのだということを行動だけでなく言葉で説明ができれば、理解者は表れやすい。猫のためでもあり、地域のためでもあるというコンセプトをもとに、一緒に行動できる仲間を一人でも多くみつけることが必要だ。

東京のあるボランティアの取組みをご紹介しよう。そのボランティアが活動を始めたのは、公営住宅や一般の民家、会社などが入り混じる街中の小さな公園だった。その公園には28匹の猫がいて、そのボランティアは歩道沿いの公園敷地で歩道に沿って28枚の皿を一列に並べ、猫に餌を与えていた。猫が食事をしている間は、皿の列の中央付近で歩道に向かって立ち、猫が食事をしている様子を見ていた。日中のことである。歩道の歩行者からみれば、猫が一列に並んで餌を食べている真ん中で女性が一人こちらに顔を向けて立っている。
不思議な光景に何人もの人がボランティアに声をかける。中には、「猫に餌をあげてはいけないだろう」と注意をする人もいる。そういう人たちにそのボランティアは「猫が増えないように不妊手術をして、1匹1匹を確認しながら餌を与え、餌を与えた後は後始末をしています。公園は隅々まで掃除しています」と説明した。すると、やがて「何をしているのか」の声が「お疲れ様」に変わり、カンパをしてくれる人も表れ、仲間も増えていったという。そのボランティアが歩道に向かって立ったのは、「コソコソと活動する必要はない。批判も苦情も同調の声も全て受けて立つ」という思いからだったという。

誰もがその真似をする必要はないが、しっかりとしたコンセプトをもって、それを説明するという姿勢には学ぶものがある。
活動をするにあたって、コンセプトを明確にするということは大切なことだ。それは、活動の目的を明らかにすることでもあり、賛同者を見い出すことでもある。これから個人の活動ではなく、地域猫をはじめようという人は、何のために活動をするのか、口に出して言ってみよう。頭の中ではわかっているなどとは言わず、紙などに箇条書きしてみればなおよい。それが第1歩だ。

(そのうちまたつづく)



【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】