諸事情により、ブログが休眠中となっています。
にも関わらず、当ブログに対してアクセスがあり、とても感謝しています。
また、公開のものと非公開のコメントもいただきました。ありがとうございます。

先日頂戴したコメントは無記名でしたが、地域猫活動に対する誤解にもとづく代表的なご意見と思われるので、単にコメント欄で回答するのはもったいないと思い、記事にとりあげさせていただきます。
地域猫活動の本質的な部分にかかわる良い質問だと思うのですが、ただ、冒頭の「ネコ好きってホントに頭おかしい人が多い」という暴言は、発言者やご意見の値打ちを下げちゃうので残念ですね。

コメントをいただいたのは、2012.11.02の「公園課が地域猫を拒む理由」に対してです。
そのままそっくり引用します。

「ネコ好きってホントに頭おかしい人が多いんですね。公園課の課長さんも可哀想に…
 そもそも「地域猫」なんて概念が、以下の点からネコ好きの自己満足にしか思えない。

1、不妊手術をしようが、それらのネコは長くて10年くらいは生きるだろう。その間、確実に一部の地域猫は周辺で迷惑行為をするだろう。

2、そもそもその地域のネコを全て捕獲し、不妊手術を施す事は現実的に可能なのか?

3、2と関連するが、外での餌やりをすることで、少し離れた地域のネコを呼び寄せる事にならないのか?それらも全て地域猫にしていく事は可能か?

ざっと考えただけでこれくらい疑問点があります。これらの点についてはどのようにお考えですか?」

いただいたコメントはここまでです。
答えは明確です。

1 ご指摘のとおり、避妊去勢手術をしても、猫は4~5年、長い場合は10年くらい生きています。だから、手術により繁殖を防止するとともに、現にいる猫がトラブルの原因とならないように適正なケアをすることが必要です。適正なケアというのは、手術をしたあと、給餌・後始末・周辺美化を行うことです。大雑把にいえば、そこが手術だけでおわるTNRと地域猫の違いです。野放しにするより、適正なケアをした方がトラブルの発生を抑制できることは明らかであり、地域で取り組むことによって糞害などが解消された事例も少なくありません。
具体例をあげろというご意見があるかもしれませんが、遺棄や虐待が発生する可能性があるため、ネット上で具体的な地域は申し上げられません。ただ、猫の数の減少やトラブル防止について地域猫が効果があるということは多くの自治体が認めていることであり、昨年の動物愛護管理法改正の際の付帯決議にもその旨が述べられています。

2 「地域」の範囲にもよりますが、一定地域の猫を全て捕獲し避妊去勢手術を施すことは不可能ではありません。しかし、そのためには、直接に活動にあたるボランティアさんの大変なご努力とともに地域の方のご協力が必要です。猫の数は通常、町会規模の範囲で数匹から30匹くらいでしょうが、町会をまたいで一定期間に80匹、100匹と捕獲・手術されているような例もあります。
 ちなみに、繁殖予防の世界では70%ルールというものがあり、不妊処理が施された個体がその集団の7割以上であれば、集団の個体数が減少していくそうです。

3 餌やりをすることによって、他の地域の猫を呼び寄せないのか。この問題は地域猫活動を考える上での大きなポイントだと思います。答えは、正しいやり方で給餌をすれば、基本的に他の地域の猫を呼び寄せることはありません。正しいやり方で給餌をするということは、目の前で餌を与え、食べ終わったらすぐに後始末をするということです。餌を放置しておくと、人間が知らない間に他の猫をおびき寄せる可能性があります。
 正しく餌やりをすれば、そのことによって猫の状況を把握することができ、避妊去勢手術も促進されます。これは餌を与えている側の人もキチンと理解しておく必要のあることで、猫の空腹を満たすためだけでなく、猫を管理(状況を把握し、コントロール)するために餌を与えることが必要であるということは、当ブログでも繰り返し発言していることです。

地域猫活動は、猫好きの自己満足などではないですね。むしろ、地域の飼い主のいない猫の問題を給餌者だけの問題としているところが問題であって、捨て猫が多ければいくら避妊去勢手術の努力をしても猫の数は減らないし、飼い猫を避妊去勢手術しないまま放し飼いにしているような人もいるし、自分の家の庭で飼い主のいない猫に餌を与えているだけの人もいます。
給餌者は目立つために矢面に立つことが多いけれど、給餌者がいくら適正な活動をしても地域から猫が供給されることが多ければ、猫のトラブルはなかなか減らない。地域の理解と協力が必要というのは、そういうことだと思います。

時間的にはまだ厳しい状況が続いているのですが、なんとかブログを再開させたいとは思っています。
よろしくお願いします。

(たぶん、近日中に再開)


【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】