前回、猫ボラと行政との関係について書いた。すると、「行政を動かすにはどうしたらいいですか?」と質問を受けた。以前にも、ボランティアさんの集まりで同じ質問を受けたことがある。

自分の中には、行政を動かすコツみたいなものが蓄積されているように思うが、一言では言えない。行政を動かすのだって、段階があり、社会情勢があり、タイミングがあり、人の個性がある。何より行政を動かすことは、一朝一夕でできることではない。

また、行政に対する要望や不満を耳にすることが多いが、それなら行政を動かすために、こういう活動をしましょうと提案しても、「忙しい」とか「目立ちたくない」といって具体的な行動につながらないことも多い。それぞれのご事情や行政に対する不信感は理解できるが、行動しなければ何も変わらない。

特に地域猫の活動は、法律で定められた制度ではない。地域によるが、猫ボラにとって当たり前のことが、一般市民や行政にとっては余計なことであったりする。
この点、今年9月の動物愛護管理法の改正によって、目的のところに「人と動物の共生する社会の実現」が追加された。来年9月までに施行の予定で、「共生社会の実現」をめざす猫ボラにとって追い風となるだろう。しかし、あくまで目的規定であって、地域猫を普遍的な活動にするためには、まだまだ努力が必要だ。

「行政を動かす」というのは、市民参加の問題である。市民参加には、

(1) 役所への直接アプローチ(意見表明、要望書等)
(2) 議会へのアプローチ(陳情、請願、議員を通じての発議)
(3) 市民団体活動への参加(NPO法人や任意団体による市民活動)
(4) 地域コミュニティ活動への参加(町会、自治会等による自治活動)

の4つがある。新しい取り組み、それも地域に根差した活動を進めていくためには、これら4つのファクターを連携させ複合的に進めていく必要がある。
一人ではできない。同志を増やすことだ。そして、4つの要素のどこかで、一人ひとりが活動推進の一翼を担ってほしい。

(近日中に続く)


【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】
 
TrackBackURL
→http://feliscauda.blog.fc2.com/tb.php/7-0fc81bef