前回の続き

行政を動かすためには、行政を叩いているだけではダメだ。
市民と行政との関係は、依然として「要求する側」と「要求を受ける側」であることが多い。市民の要求を受けた行政の反応は、「受け入れる」か「聞き流す」かのどちらかである。
これだけの関係では、要求が受け入れられなかった場合、市民と行政が対立し、互いの不信感を増幅させるだけのことになってしまう。
「税金を払っているのだから、要求に応えて行政が動くのが当たり前だ」という立場もあるが、それでは地域に根差した活動は進まない。

以前に書いた内容と何度も重なるが、これからしようとする活動、あるいは現在続けている活動が、どれだけ地域や行政にとってメリットがあるのかということを理解してもらい、互いに歩み寄る関係になることが大切だ。それを裏付けるために、真摯な活動の積み重ねが不可欠である。

もちろん、行政が頑なに扉を開こうとしない場合もある。やむを得ず、行政と対立する場面もある。
市民と行政の関係は、「行政主導、対立、宥和、協働」へと変化していくもので、それぞれの段階での具体的なアプローチがある。
しかし、どの段階でも「行政の立場も理解してあげる」「実績を積み上げる」ということが大切で、これを抜きにしてどんな「テクニック」を駆使しても通用しない。

遅々とした歩みのようにも見えるが、近年の動物愛護活動を取り巻く環境は、10年、20年前に比べると相当に良くなったというのは実感である。
それは、先人たちの、献身的で真摯な活動の積み重ねの結果だ。それが、今回の動物愛護法の改正にも、十分とは言えないまでも反映されている。

小手先の「テクニック」は色々とある。しかし、基本となるのは、日常の活動の積み重ねを前提に、互いの立場を尊重しながら、行政との協働あるいは地域参加に向けての話合いを進めていくことだ。そして、残念なことに途中で諦めてしまう人が非常に多いのだが、決して諦めないでほしい。
そうすると、徐々に、あるいはある時期をきっかけに、状況が変化してしまうということを自分は何度も見ている。世の中を変えるということは、そういうことの積み重ねである。

(いつか続く)


【ブログランキングに登録しました。よろしければ、クリックで応援をお願いします】